グランドチェロキー 修理完了後に・・・/最新情報

HOME > 最新情報 > 日記 > グランドチェロキー 修理完了後に・・・

グランドチェロキー 修理完了後に・・・

費用事例でご紹介した黒のグランドチェロキー

ドライブシャフトブーツが左右両方とも破れていたのは、お客様にとってはちょっと痛い出費だったようです。

それにしても、何でこんな構造してるのか (ユニバーサルジョイント&ブーツ) 不思議です。

他の車屋さんもよく同じ事言ってます。

グランドチェロキー ブーツ交換後.jpg

↑ 新品ブーツ  FFの小型車とたいして変わらないようなゴムの肉厚と蛇腹の伸び幅。「グランドチェロキーの

ブーツの寿命は短い」 これも車屋仲間の間ではよく言われています。

もっと厚みがあって、伸び幅にも余裕があれば長持ちしそうなものですが・・・

 

なんて思いつつも修理を終えて、あとはタイヤの空気圧をチェックして車検場へ・・・のはずだったのですが、

スペアタイヤの収まっている後部フロアボードを上げてみると驚愕の光景が!・・・

スペアタイヤが全面真っ白です。 そして強烈なカビ臭! 格納スペースには半分近い位置まで水!

グランドチェロキー雨漏り2.jpg

雨漏りですね・・・溜まった水はヌルヌルしてるのでかなり前からではないかと。

グランドチェロキー 雨漏り1.jpgのサムネール画像

↑ 白いのがカビです。

短時間で調べた限りでは、簡単に原因箇所を突き止められる感じではないようです。

 

お客様も車を使う用が控えているとの事なので、カビと水を処理して、車検を取り、湿気を少しでも取るために

新聞紙を敷き詰めてひとまず納車して様子を見る事に。

 

最近の局所豪雨やら台風接近の予報やら、納車後も気になります。

 

 

< 前のページ  |  一覧へ戻る  |  次のページ >

お取り扱いクレジットカード

JCB

VISA

MasterCard

MUFG CARD

AMERICAN EXPRESS

DC

Diners Club

DISCOVER

UFJ Card

NICOS