BMW E46 330i 吹け上がりが悪くなり、エンジンチェックランプ点灯 /最新情報

HOME > 最新情報 > 修理・メンテナンス > BMW E46 330i 吹け上がりが悪くなり、エンジンチェックランプ点灯 

BMW E46 330i 吹け上がりが悪くなり、エンジンチェックランプ点灯 

E46 エンジンチェックランプ点灯.jpg

走行中、突然エンジンの吹け上がりがブスブスいって、メーターパネルを見るとエンジンチェックランプが点いていた。

「ついさっきまで、いつもと変らず走っていたのに・・・」

電気的な故障ってこいうものです。

そして、イグニッションコイルがダメになった典型的な症状です。

診断機で見ると、6個中2個のイグニッションコイルが不良と判明しました。

E46 330i プラグ&コイル.jpg

ここでダメになった2個だけ交換するか、予防策として残りの4個も一緒に交換するか・・・

迷うところであります。

新車からコイルは一度も換えていないし、今回ダメになった2個は部品の寿命ともいえるので、

お客様と相談して、この際、点火系のリフレッシュという事でプラグ&イグニッションコイルを6個

全て交換する事にしました。

これで、点火系は当分心配ありませんね。

 

 

 

 

 

 

< 前のページ  |  一覧へ戻る  |  次のページ >

お取り扱いクレジットカード

JCB

VISA

MasterCard

MUFG CARD

AMERICAN EXPRESS

DC

Diners Club

DISCOVER

UFJ Card

NICOS