クラウン・アスリート(GRS182)ブレーキの不具合/最新情報

HOME > 最新情報 > 修理・メンテナンス > クラウン・アスリート(GRS182)ブレーキの不具合

クラウン・アスリート(GRS182)ブレーキの不具合

クラウンアスリートGRS182.jpg

故障の少ない180系クラウンですが、

「ブレーキペダルの感触が硬くなったような気がする。しばらく乗ってなかったからかな?」

というご相談を受け、試乗してみると確かにそんな感じがします。

点検してみると右後輪のキャリパースライドピンが固着していました。

スライドすることで外側のパッドをディスクに押し付ける構造になっているものが、固着で動かなくなってしまったのでペダルを踏んだ感触が硬くなったという不具合です。

アスリート リアキャリパー.jpg

固着(錆付き)具合がかなりのものだったので、キャリパーを交換することにしました。

後輪左側は特に不具合は出ていませんでしたが右が新品になったので、バランスを考えてシール交換とスライドピングリスを交換しました。

ペダルタッチは随分と良くなりましたが、フロントキャリパーもオーバーホールすればもっと良くなるはずです。(新車時のように)

新車から13年目なので良い頃合かもしれませんね。

 

 

< 前のページ  |  一覧へ戻る  |  次のページ >

お取り扱いクレジットカード

JCB

VISA

MasterCard

MUFG CARD

AMERICAN EXPRESS

DC

Diners Club

DISCOVER

UFJ Card

NICOS