BMW MINI (R50)パワーウィンドウ故障/最新情報

HOME > 最新情報 > 修理・メンテナンス > BMW MINI (R50)パワーウィンドウ故障

BMW MINI (R50)パワーウィンドウ故障

BMW MINI R50 パワーウインドウ故障.jpg

BMW MINI COOPER(R50)パワーウィンドウ修理のご依頼をいただきました。

MINI R50 パワーウインドウ1.jpg

右側(運転席)はガラスが下がったまま上がらないという症状。

MINI R50 パワーウインドウ修理2.jpg

左側(助手席)は閉まった状態から開かないという症状。

窓開けた状態で閉まらなくなる方が厄介ですね。

MINIのR50でパワーウィンドウが動かなくなった時はまず、ドア内張りのスピーカーの上あたりをパワーウィンドースイッチを押しながらバンバン叩いてみてください。

昭和40年代のテレビみたいですが、叩いて動く(治る)時があります。

それでもダメな時は修理に出してください。

MINI R50 パワーウインドウレギュレター.jpg

残念ながら左右ともプラスチック部分が割れてワイヤーが絡んで固着してしまっていたので、両方ともレギュレターの交換が必要でした。

叩いて治るのはモーターの接触不良などの電気的なトラブルですね。

 

 

 

< 前のページ  |  一覧へ戻る  |  次のページ >

お取り扱いクレジットカード

JCB

VISA

MasterCard

MUFG CARD

AMERICAN EXPRESS

DC

Diners Club

DISCOVER

UFJ Card

NICOS