メルセデス・ベンツ C180 (W203)バキュームポンプからオイル漏れ/最新情報

HOME > 最新情報 > 修理・メンテナンス > メルセデス・ベンツ C180 (W203)バキュームポンプからオイル漏れ

メルセデス・ベンツ C180 (W203)バキュームポンプからオイル漏れ

メルセデス・ベンツ W203 C180 オイル漏れ修理.jpg

メルセデス・ベンツ C180 (W203)

板橋区のお客様から走行中に焦げ臭いにおいがするので心配だから見てほしいとご連絡をいただきました。

焦げ臭い原因は、漏れたオイルが排気パイプに垂れて焦げるという事例が多いのですが、その他に意外と多いのが路上に漂っているレジ袋などのビニールが走行中に排気パイプにくっついて熱で焦げるというのもあります。

ビニールが付着してのことならワイヤーブラシで擦り落とせば良いのですが、オイル漏れとなると修理が必要です。

ベンツC180W203 バキュームポンプ1.jpg

調べてみたらエンジンの後部についているバキュームポンプからオイル漏れがありました。

ベンツC180W203 バキュームポンプ.jpg

ガスケットやシールなどの細かい部品設定がなく、バキュームポンプをそっくり交換です。

ブレーキ踏力をサポートする部品なので交換することで安心感はありますが、それだけに部品代、作業代ともそれなりにかかります。

修理費用についてのお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

 

< 前のページ  |  一覧へ戻る  |  次のページ >

お取り扱いクレジットカード

JCB

VISA

MasterCard

MUFG CARD

AMERICAN EXPRESS

DC

Diners Club

DISCOVER

UFJ Card

NICOS