ダイハツ・アトレー ATミッション交換/格安費用・格安料金の車検・板金塗装・修理はアクセスモーターサービスにお任せください!

HOME > 費用事例 > 格安修理 > ダイハツ・アトレー ATミッション交換

ダイハツ・アトレー ATミッション交換

ダイハツ・アトレー ATミッション交換
  • リビルトATミッション(コンバーター付き)

  • クランクシャフトのオイルシールも交換

  • 劣化したマウントブッシュも交換

ダイハツ・アトレー ATミッション交換
不具合現象 A/T 変速不良
交換部品 ATミッション
クランクシャフト・オイルシール
ATマウントブッシュ
ラジエター(ATクーラー)
修理日数 6日
修理費用合計
¥224,720
当初、ラジエターと一体構造のATオイルクーラーは洗浄で済ませる予定でしたが、予想外に鉄粉が詰まっていた事とラジエター本体も劣化が見とめられたため、追加で交換となりました。

平成19年式 ダイハツ・アトレー・ワゴン 走行距離13万5千km

「高速道路を走行中、大きなショックがあり、2速以上に変速しなくなった。」

緊急でレッカー入庫のご依頼でした。

 

お仕事で毎日使用されていて、過酷な使用に耐えられず、内部が破損したようです。

新車から7年で13万5千km・・・

5ナンバー(乗用)軽自動車としては、やや過酷な使用かもしれませんが、

故障の原因は、走行距離に応じたATFやATフィルター交換などの

メンテナンスが不十分だったのではないでしょうか。

 

年間の走行距離が2万kmならば、

1年に1回はATFの交換、

2年毎にATフィルター交換をおすすめします。 

 

内部は部品の砕けた金属粉でいっぱいになっており、完全なオーバーホールが必要です。

こんな時は、リビルト(再生部品)のATミッションへの交換が早くてお得な修理方法です。

リビルト部品の内部は、可動部品は新品に交換され、再利用するものは洗浄され、点検、測定

された部品でできているので、新品部品と大差ありません。

リビルト部品は純正新品部品より安くて、新品と同等の品質!保証も付くので安心です。

 

 

 

< 前のページへ  |  一覧へ戻る  |  次のページ >