サービス事例

車検NG例

スバル・レガシー 車検 不適合例(不合格例) ・・・ ウィンドーウォッシャー液出ない

ウォッシャー液.jpg

フロントガラスのウィンドーウォッシャー液とワイパーの作動は、運転中の視界確保という安全性に関わる

機能という事で、車検場で検査を受ける項目になります。

ウォッシャー液が全く出ないのはもちろん車検は取れませんが、装着されたノズルの全てから噴射され

ないと、それでけでも車検が取れない事もあります。

たいがいの場合、針でつついて掃除すると出るようになるのですが、タンクからノズルまでの間のどこかで

詰まりがあると少しやっかいです。

画像の事例は、稀有のような、しかし起こり得る例としてご紹介します。

車検の事前点検でウォッシャーを作動させたところ、モーターは作動しているのに噴射がない。

液が空なのかとタンクを見たところ、液量は充分あります。

ところが、液面になにやら浮遊物が・・・

キャップはしっかり閉まっていたので、タンクの口からゴミが入った訳でもなさそうです。

なんだろう? 覗こうと顔を近づけると・・・

臭い!!!!

水が腐っていたのです。

浮遊物は外からの異物混入ではなく、腐った水から発生した藻(?)のようなやつみたいです。

ポンプで汲み上げてみると、水全体がとろみというか、ヌルヌルしています。

水自体が抵抗になって、モーターの力では送れなかったのでしょう。

幸いポンプに損傷は無く、全て洗浄して元にもどりました。

ウォッシャータンクに水だけを使用している方、結構多いと思いますが、長期間使用しないでいると

このような事が起こるかもしれませんよ。