サービス事例

車検NG例

【車検不適合例】 タイヤ・ホイールのはみ出し

 車検適合と言われてご購入し、装着されたタイヤ・ホイールが車検に出してみると、実ははみ出していて車検が取れない

という事例がたまにあります。

BMWホイールがはみ出してはいけない範囲.jpg

国が定めた車検の規定では、↑ 画像のように、中心垂直線から

フロント側へ30度、リア側へ50度の範囲は全てフェンダーに覆われていなければならない

(はみ出してはならない)と定められています。

画像のBMWはフロント側30度が3mm程はみ出していました。

正面から見ると、中心垂直線上はフェンダー内に収まっていますが、フロント側30度ポイントでタイヤの方が

わずかに外側にあります。 ↓ 

BMW車検不適合例 ホイール突出.jpg

純正ホイール&純正サイズのタイヤ装着と比較すると違いが良く分かります。↑ ↓ 

BMW車検適合純正ホイール&タイヤ.jpg

このお客様は純正ノーマルホイール(純正サイズのタイヤ付き)を保管されていたので、換装して問題なく

車検を取る事ができましたが、中古車をご購入されたお客様の中には購入時から社外ホイールが付いていて

純正ホイール(&タイヤ)をお持ちでない方も多数いらっしゃいます。

突出の問題が発覚した場合は、車検適合の為に費用がかかります。

突出が概ね8mm以下ならば、比較的安価で対処が可能です。

純正以外のホイールを装着されていて、不安な方はご相談ください。