サービス事例

車検NG例

【車検NG】ステアリング・ダンパーのオイル漏れ

ベンツSL500ステアリングダンパー交換.jpg

左右の車輪とハンドルをリンクで繋ぐピットマンアームタイプのステアリング装置には、

路面からの入力や衝撃を緩和するステアリング・ダンパーという部品がついています。

メルセデス・ベンツではR129のSLR170のSLKなどに装着されています。

部品の構造はサスペンションのショックアブソーバーと同じですから、走行距離がかさんだり、

経年劣化でオイルシールが痛んだりすると、オイル漏れを起こします。

車検の時にここがオイル漏れしていると、不適合となるので、交換が必要になります。

ステアリング・ダンパーのオイル漏れは直進安定性が悪くなるので、

直進時にハンドルぶれが出たり、路面のギャップや轍でハンドルが取られる

などの症状が出ます。

ですが、街乗りのような低速では、ヒヤッとするような急激な挙動変化は出ないので、

気付かない方も多いようです。