サービス事例

修理・メンテナンス

スズキ・ワゴンR 加速不良とアイドリング不調

ワゴンRプラグ.jpg

スパークプラグも消耗部品の1つです。

ノーマルプラグとイリジュウムプラグは概ね4万km、プラチナプラグは10万kmが交換目安とされています。

中心の芯から火花が飛ぶのですが、火花と共に芯も消耗して行きます。

消耗が進むと火花が弱くなり、エンジンがパワーダウンします。

仕事や通勤で使用している当店のワゴンRも、もうすぐ4万kmというところで、

加速時の息つき・・・咳こむようなガクン、ガクンという挙動

アイドリングが不安定・・・ブルブル、ガタガタという大きな振動

こんな症状が出ました。

この症状は点火コイルの故障と全く同じですが、コイルがダメになるとエンジンチェックランプが点灯します。

チェックランプは点灯せず、この挙動。

走行距離的にもプラグの寿命だろうと、電気負荷の多いエアコンを切り、(この日は10月なのに31℃!)

アクセルでアイドリングを保たせ、だましだましの運転で出先から帰ってきました。(疲)

3気筒の軽自動車でこの症状が出ると、だましだましの運転も疲れます。

点検してみると、見込みどうり、プラグの限界でした。

早速プラグ3本を交換して、次の引き取りへGO!

こういう事例があるので、当店では交換推奨距離前後の車にはおすすめメンテンスとして、

スパークプラグの交換をお勧めしています。